1日に摂る食事量を減らしたい、でも毎食我慢ばかりしたくはない。
ということで1日3食を辞める、1食少なくするダイエットを始めました。

理想を言えば夕ご飯をごく軽くするか、抜いてしまう、あるいは倖田來未さんのように18時を過ぎたら食事はしない、という夜の食事を抜くのがベストなのだと思います。
でも、当方仕事もあり、家庭生活もあり、付き合いやなんやかんやで夕ご飯を抜くのは現実的ではありません。
さらに、夕ご飯は好きなものを作って食べたり、時々お酒を飲んだり、私にとって1日のうちでもっとも楽しみしている食事なのです。
それを制限するというのは私には酷すぎます(笑)。

またお昼はお昼で午後からの仕事のためにもしっかりと食べておきたいところですし、これまた同僚と昼食を食べることもままあります。

なので、私は朝ご飯をごく軽くして、それほど1食の食事量を気にすることなく1日の総食事量を減らすことにしました。
仕事のある日はヨーグルトかフルーツ(リンゴ1/4ヶ程)のみ。お休みの日は朝を抜いて、11時前に早めの昼食を摂っています。

朝ご飯を抜くと、「1日の始まりに力が入らない」とか「脳に栄養がいかないから集中力が低下する」なんて声が聞こえてきそうですが、
私の場合は朝ご飯を抜いても集中力等々は全く問題ありませんでした。
確かに最初の1週間くらいは午前は「お腹すいたなぁ」という気がしていましたが、それもすぐに慣れてしまいます。

そして、肝心の結果ですが、ラクスラを始めてから無事に体重の減少、維持ができています。
他に運動量を増やしたり、生活習慣を変えたわけではないので、純粋に食事量が減ったことで体重が落ちたのだと言えると思います。

また嬉しい効果が他にもあり、朝ご飯を食べなくなたことで、高血圧気味から通常範囲に血圧が低下しました。
1食分塩分を摂らなくなったのでその効果かと思います。

朝ご飯を抜くということには抵抗のある方も多いかと思います。でも私にとってもとても効果的なダイエットでした。