体型にコンプレックスを持っている人は、悩みを聞くと結構たくさんいます。服装の選び方によって、体型をすっきりさせるなど、印象を変えることができるといいます。仮に加齢によって外見が変わっても、様々な体型で使えるような服を持っていれば、多様な使い方をすることができるでしょう。

体型の悩みをカバーする基本は全身をシルエットとして見ることです。全体を見ることで自分の体型を客観的に見直すことができます。全体を見て、バランスを整えるような衣服を選択することが、気になる体形のフォローをするよりはいいでしょう。体型から相性のいい服のラインを見極めることも、ファッションを決める役に立つと言われています。

着用した時のシルエットがアルファベッドのI(アイ)に近くなる服を、アイラインと呼びます。目のお化粧ではありません。笑
体型が太めに見えるという悩みがある人は、スリムに見えるIラインが向いています。ボディラインが平坦だという理由で悩んでいる人には、Xラインがおすすめです。ウエストは引き締め、衿と腰から下がふわっと広がっている状態がXラインの特徴です。下半身の太い体型の悩みがある場合にはAラインのシルエットが効果的です。上半身を細く見せることで、下半身の体型に目を向けさせないような、下にいくにつれてふくらんで見える服になります。体型に関する悩みは人によって違いますが、自分に合うシルエットの服を選ぶことがいずれも大事です。